>

風俗店とは一体どういう所なのか

ソープってどんな所

ソープと言っても、建前はお風呂屋さんと言います。
法律上は、個室特殊浴場、個室高級サウナなどを呼ばれています。
法律的には、お風呂屋さんと同じカテゴリーなのです。
ですが、ソープは、日本で唯一本番行為をする事が可能な風俗店です。

本番行為が出来るという事なので、料金も風俗店の中では一番高く設定されています。
なので、稼ぎたいと思っている女の子で、こういう風俗に抵抗の無い人は、手っ取り早くお金を稼ぐ方法と言えるでしょう。

各都道府県に、ソープや風俗店で有名な町や地域などがあります。
そのどれもが、同じような条件ですが、働ける年齢は各地域によって様々だそうです。
法律上は満18歳以上からなら働けるとされていますが、18歳以上の所もあれば、20歳以上の所もあるので、採用条件などは調べてみてください。

仕事、サービス内容

ソープの仕事お仕事とは、どういう物なのか。
サービス内容も含めてご紹介します。

お風呂屋さんという題目なだけあり、お風呂でのサービスが主になってきます。
簡単な流れとしては、お客さんと出会って、ホテルや店のお風呂で体を洗ってあげたり、ローションを使って、マットプレイをしたりします。
その後ベッドに移動するという形が簡単な流れです。
時間制なので、時間が来るまでは何をしてもかまいません。
お客さんは高いお金を支払っているのですから、色々と求めてくるでしょう。
そちらに対応していくため、ソープ嬢はなかなかハードなお仕事だと思います。

ソープ嬢は、様々な技を駆使してお客様を満足させなければなりません。
そのための研修であったり、技を教えてもらったりします。
実践を積みつつ、慣れてくると色々な事ができるようになってくると思います。


この記事をシェアする